肌のケアとスキンクリーム

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

みなさんは、普段の肌のお手入れはどうしていますか?肌というと範囲が広いですが、特に念入りに手をかけるのは、やはり顔ではないでしょうか。肌のケアの基本はまず「保湿」と言われます。肌に必要な水分量は決まっていて、不足すると単に乾燥するだけではなく、乾燥を避けるために皮脂が多量に分泌されるなど、さまざまなトラブルが生じます。

また、特に顔のケアに関しては、メイクや余分な皮脂などの「汚れを落とす」ことも非常に重要な要素です。そして、この2つはそれぞれ別個に存在するのではありません。汚れを落としただけでは乾燥しすぎたり、皮脂を必要以上に取り除いてしまったりするために、特に洗顔後は肌への水分補給を行う必要性が高まるのです。

この水分補給に使われるのが化粧水ですが、ただつけただけでは保湿にはなりません。肌の表面にある水分は、そのままにしておくと乾いてしまいます。化粧水だけではなく、肌に含まれていた水分も一緒に蒸発してしまうので、化粧水をつけただけでは肌はより乾燥してしまうのです。

これを防ぐため、肌に補給された水分にふたをすると同時に、肌に備わっている皮脂も保護するのがスキンクリームです。「スキンクリーム」というと顔以外の皮膚に使うものという分類もありますが、ここでは顔に用いるクリームのこととして考えていきます。スキンクリームは「クリーム」また「保湿クリーム」「美容クリーム」という名称で呼ばれることもあります。