クリームと界面活性剤

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

スキンクリームに限らず「クリーム」と呼ばれるものには、水分と油分の両方が含まれます。ドレッシングを作ることを考えてみると分かる通り、水と油は本来は相性が悪く、お互いに交じり合わず、分離してしまいます。これを防ぎ、安定した状態のクリームを作るために使われるのが界面活性剤です。

界面活性剤というと、まず思い浮かぶのは洗剤かもしれません。繊維や食器などに付いた油分は、水で洗っただけでは落とすことができません。そこで、水と油の双方になじむ性質を持つ界面活性剤が必要になるのです。界面活性剤が油汚れに出会うと、まず油になじみやすい部分が汚れに付着します。外から見ると、汚れの表面に界面活性剤の水になじみやすい方が並んでいることになります。界面活性剤に囲まれた油汚れは、水に引き寄せられ、落ちていくのです。

界面活性剤の効果は、使われる場面によって名前を変えることがあります。その1つが「乳化」です。例えば、マヨネーズが分離しないのも乳化剤の働きのおかげです。これと同様に、スキンクリームも水分と油分が交じり合った状態(乳化)で安定させるために、界面活性剤が使われるのです。クリームの場合、洗顔料やクレンジング料ほど使用量は多くはないのですが、洗い流すものではないため、肌への影響が気になるところです。