注意すべき界面活性剤

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

界面活性剤がスキンクリームに果たす役割は乳化だけではなく、固まった状態のクリームが肌に伸ばすと滑らかに広がるのも、界面活性剤のおかげです。洗剤などのイメージから、肌の油分を取り除いて乾燥させるのではないか、と考えるのは自然なことですが、実は全ての界面活性剤が肌に悪いわけではありません。

それでは、クリームを選ぶ際に気を付けるべき界面活性剤はどのようなものなのでしょうか。実は、自然界にも界面活性剤の効果を持つ物質は存在しますが、安全性は高いものの機能性は高くありません。一方、合成界面活性剤と呼ばれるものは機能性が高く、配合されたものの性質を長期間にわたって安定させることができます。食品や医薬品、化粧品に多く使われています。

肌にとどまるスキンクリームを選ぶうえで注意すべきは「石油系の合成界面活性剤」と呼ばれるものです。その名の通り石油を原料として作られたもので、機能性は非常に高いのですが、それゆえに肌に残ってしまう危険があります。強い界面活性の力によって肌の表面にある角質層のたんぱく質が溶かされ、肌のバリア機能が失われてしまうのです。しかし、スキンクリーム通販『Defendre donner』では、界面活性剤が不使用で、有用成分だけでつくった化粧品を通販しています。肌に優しいスキンクリームですので、こちらも参考にしてみてください。

通常、化粧品では本来分離してしまう、「潤い」を与える水分と「保湿」を与えるオイルを乳化(混ぜる)させるために必要な界面活性剤が使用されています。
界面活性剤は、水分が浸透しやすくするために肌表面の細胞組織を破壊します。
ですが、デファンドルドネのシルクスキンクリームは、シルクに含まれる「シルクフィブロイン」による乳化作用により、水分と保湿成分をつなぐことができます。この独自技術が、より肌にやさしいクリームを誕生させました。

スキンクリームを選ぶ際には、保湿成分だけではなく、状態を安定させるための成分にも注意する必要があります。
界面活性剤に対する正しい知識を持って、安心して使い続けられるものを選びたいものですね。